JavaScriptが無効です。ブラウザーの設定でJavaScriptを有効にしてください。

Q&Aについて

障害のある人の性の問題は100%の正解がある問題ではありません。掲示板や体験談、その他様々な情報から得た知識・経験・教訓等から、当団体の出した答えです。コチラで掲示する答えは障害のある人の性問題に特化した任意団体 Dpchの出した答えであるということを頭の片隅に置いておいて閲覧ください。今ある答えも現段階での答えであり、明日も同じ答えであるという保証はありません。なお、答えが一つではない場合は答えを複数個掲示します。ご自身に合ったものを答えとし、他の答えも頭に入れておいていただくようお願いします。
当団体の出した答えに納得がいかないという方からのご意見お待ちしています。いただいたご意見については団体として真摯に対応させていただきます。

性的健康が得られると、何か良い事はありますか?男性編
男性の場合、性欲を感じ、勃起し、射精するということが、男性に自信を回復させてくれる役目を負っている。また、射精回数が多い男性は前立腺ガンになる可能性が低いと言われています。
性的健康が得られると、何か良い事はありますか?女性編
女性の場合、オーガズムはQOLの側面からも欠かせない。心とカラダにとってプラスに働く面が多い。脳は活性化される・オーガズムを感じた時に出されるオキシトシンというホルモンは社交スキルを高める。オーガズムは健康的であり、痛み・空腹と並ぶ感覚。必要とされる半面、男性の射精は子孫を残す為に必要と言われているのに対し、女性のオーガズムは医学的に必要と証明されたワケではない。(19世紀に女性の性の解放運動が起こったばかりで未成熟な面が大きいかと)